風俗専用求人サイトの世界を覗いてみました

風俗専用求人サイトってどんなものがある?

>

多様な仕事から探せる

入店までの方法

一般企業ならば、勤務地なり事務所まで本人が出向いて、面接となり、しばらくして採用か否かの結果が通知される流れだと思われます。
いわゆる、お祈りメールなどもあったりするやりとりです。
一方風俗では、出稼ぎで働く女性も多い為、面接スタッフが出張で来てくれる場合があります。
また、面接の結果は、大抵その場ですぐ決まります。

面接では、履歴書が必要とされないことも多いようです。
唯一、年齢や国籍の確認の必要から、身分証明書の提示は求められるようです。
18歳未満の雇用は法律で禁止されているし、外国からの不法労働もチェックしなければならないからです。

そして本採用となる前に、職場見学や体験入店の制度も設けています。
このあたりは、一般の仕事と似ている流れかもしれません。

賃金の支払い

風俗の仕事の大きなメリットとして、お金があります。
性病や社会的背景のリスクを負いながらも、大きく稼げる為、賃金システムは少々独特です。

検索条件にも、日払い可、入店祝い金有り、バンス制度あり、などとよく出てきます。
日払いは、他の業種より圧倒的に多いようです。
ひょっとしたら、いつ査察が入って店が無くなるか分からない、などという理由もあるのでしょうか。

入店祝い金も、他の業種より盛んではないでしょうか。
そしてその後の本人の業績が、ダイレクトに賃金に反映されやすい仕事といえます。

バンス制度とは、風俗店における給料前借り制度のことです。
風俗勤務を希望する女性は、借金などの事情を抱える人も少なからずいるので、求人サイトの条件面から謳っている店が一般的です。